MNPでiphone5sに乗り換えたい!|MNP手順をまとめてみました

■まずは契約するお店を決めましょう
MNPでiphone5sに乗り換える場合、現在契約している携帯会社で
MNP予約番号というものを受け取り、持っていかなければ
なりません。

しかしこのMNP予約番号は、発行されてから15日以内に
手続きをしないと失効してしまう為、先にいつどこで契約するのか
を決めておいたほうが良いのです。

ソフトバンク携帯を扱っているお店ならどこでも同じように
見えますが、各店舗がライバル同士の為、店舗によって
値段が変わってくる可能性もあります。

基本的に月月割やバンバンのりかえ割といった公式割引特典は
どのお店でもつけてもらえます。

しかしお店によってこの割引にプラスして更にお得な特典を
付けてくれる場合があるのです。

例えばA店では公式割引+現金2万円キャッシュバックなのに、
B店では公式割引+オリジナルグッズプレゼントというように
大きな違いが出てくる事もあります。

■実質0円ってどういう意味?
キャンペーンを調べていると
「他社からの乗り換えでiphone5s/16Gが実質0円!」
という広告を目にする事もあると思います。

この実質0円と似たような言葉に一括0円というのがありますが
一体どういう違いがあるのでしょうか?

まず実質0円とは、ソフトバンクの月月割を利用すると本体代金と
割引が相殺されて実際に支払う金額は0円ですよ、という事です。

iphone5s/16Gの本体価格を24ヶ月の分割で支払うと、
毎月2835円かかります。
しかし月月割の割引も24ヶ月間毎月2835円なので
「実質0円」という風になるわけです。

次に一括0円についてです。
一括0円とは、その場で本体の代金を0円にしますよ、という
サービスになります。

iphone5s/16Gの本体価格は68040円です。
これを一括で支払うのと同額を負担してもらえるので、
何年もかけて分割で支払っていく必要がありません。

月月割と併用可能な場合、月月割の割引分が基本料金から
引かれて、毎月お得に利用出来るという仕組みです。

iphone5s/16Gの実質0円キャンペーンは、
月月割を利用しているので、札幌のどのソフトバンクショップでも
受ける事が出来ます!

■MNPでの乗り換えに必要な書類
これらの割引やキャンペーンの適用条件として、ほとんどの場合
「新規契約」もしくは「他社からMNPして乗り換えでの契約」を
掲げられています。

そこでMNPでの乗り換えに必要な書類をまとめておきましょう。

まず1つ目の項目でも触れたように、契約前にMNP予約番号という
ものを現在利用している携帯会社から受け取らなければ
なりません。

これはインターネットや電話でも受け取る事が出来るので、
忘れずに発行してもらうようにしましょう。

他に必要なのは、
@本人確認書類
A支払い手続きに必要なクレジットカードやキャッシュカード
B印鑑(引き落としの場合は銀行印も)
となります。

うっかり忘れてしまうとその場では契約出来なくなってしまうので
きちんと準備していきましょう!

今買うならやっぱりiphone5sがいいですか?|それぞれの特徴を理解してお得に購入しましょう!

■iphone5と5sと5cの違いがよくわからない
iphone4sとiphone5は世代が違うという事を知っている人は
多いのですが、意外とiphone5・5s・5cの違いがわかる
という人は少ないようです。

実はiphone5とiphone5cの性能に違いはほとんどありません。
5cは5の改良版みたいなもので、違うのはバッテリーの持ち具合
くらいです。

あとは、iphone本体の材質と容量のバリエーション程度です。
iphone5はアルミ、iphone5cはプラスチックで出来ており、
容量もiphone5は16/32/64の3種類に対して、
iphone5cは16/32の2種類です。

逆にiphone5sとiphone5・5cでは、世代が違うのか?と思うほど
違いが顕著です。

まずチップが違います。
iphone5がA6チップなのに対し、iphone5sは64ビットのA7チップを
搭載しており、簡単に言えばグラフィックや処理性能が格段に
アップしているという事になります。

また、動画撮影時の手振れ補正が強化されていたり、カメラ性能も
若干ながら向上しています。

そして一番の違いは「指紋認証システムの有無」です。
この指紋認証システムがあれば、今までのように暗証番号だけの
時よりも、更に強固なプロテクトが可能になります。

■キャンペーンにも違いがある?
iphone5sは、先述した性能から、各方面でかなりの高評価を
得ています。

その為、iphone5・5cを求める人よりiphone5sを求める人が多く、
それはキャンペーンにも如実に差として生まれてきています。

ソフトバンクのiphone5や5cは、今やキャッシュバック
キャンペーンがあるのが当然のような流れになってきています。

iphone5やiphone5cのキャンペーンを検索すると、3万円〜7万円
といったキャッシュバックが受けられるというページが
かなりヒットします。

逆にiphone5sのキャンペーンを検索しても、
若干ながらキャッシュバックのページがあるものの、
大体が公式ののりかえキャンペーンに関する内容ばかりです。

iphone5や5cは、公式ののりかえキャンペーンに加えて、
高額キャッシュバックが受け取れるという理由で購入を決める人も
少なくないようです。

■短期間のキャンペーンを狙い撃ち!
しかしiphone5sにも全くキャッシュバックキャンペーンが
ないわけではないのです。

発売開始から約3ヶ月、週末限定で現金2万円キャッシュバック
などというキャンペーンを開催しているショップもあります。

それらの情報を得るには、やはりショップから発信されている
ツイッターなどを見るのが一番お手軽だと思います。

札幌市内ですと、ソフトバンク札幌駅パセオ店では
ツイッター限定のお得なキャンペーン情報を告知していますね。

機種名やキャンペーンの詳細については書かれていませんが
一度確認するだけの価値はあると思います。

情報をうまく取り入れて、お得に最新のiphoneを
手に入れちゃいましょう!

札幌でスマートフォンを買おうと思ったらどこがいい?|インターネットである程度目星をつけておいた方がいいかも

■iphone5sはキャンペーンがまだ少ない
いろんなメーカーからたくさんのスマートフォンが
発売されていますが、やっぱり一番人気があるのは
iphoneですよね!

特にこの間発売されたiphone5sは、利用者の中でも特に性能や
使い勝手がいいととても評判です。

こうしていい評判のあがっている機種は選ぶには安心なのですが
お得なキャンペーンが提供されにくいという難点もあります。

黙っていても契約したいという人がやってくるのですから、
わざわざ過剰なサービスをする必要はないですよね。

しかしそこを逆手にとって、他社・他ショップと差別化を図ろうと
している店舗も実際にあります。

例えばソフトバンクのオンラインショップもその一つです。

iphone5sの場合でも、
@パケットし放題フラット for 4G LTEの契約
A新スーパーボーナスでの契約
B本体をソフトバンクで購入する
この3つの条件を満たすだけで、2万円分の商品券がもらえます。

■ある程度インターネットで情報収集しておいた方が効率がいい
オンラインショップじゃなくて、店頭で購入・受け取りを
したいと思っている方でも、事前にある程度インターネットで
情報収集をしておいた方が効率がいいと思います。

札幌市と言ってもかなり広いですし、一件一件店頭で
キャンペーンを把握するのはかなり難しいです。

また、キャンペーンは短期間でガラッと内容が変わってしまう事も
少なくない為、休日などに目星をつけて次週契約に行くと
そのキャンペーンは終わっていたという事もあります。

中々「iphone5sをこの条件で○円キャッシュバックします!」と
堂々とインターネットで告知している店舗は少ないですが、
「あの大人気機種のご契約で○円キャッシュバック!詳しくは
お問い合わせください!」と少しにごして告知している店舗は
結構見かけます。

それが実際にiphone5sなのか、キャッシュバックを受け取る為に
必要な条件は何なのかは問い合わせればすぐに解決出来ますよね。

中には「電話ではお答え出来ない。店頭でお知らせする方法を
取らせてもらっている」という店舗もありますが、その場合は
他に目ぼしいショップがなかった時の為の候補に入れておく
程度でも構わないわけです。

■キャッシュバックキャンペーンは条件をしっかり確認!
さらりと書きましたが、キャッシュバックキャンペーンの
条件や内容の確認はしっかりしておかなくてはなりません。

中には「iphone5s契約で6万円キャッシュバック!」と
書いてあったので契約に行ってみたら、家族2人以上が
同時に乗り換える事が条件だったという話も聞いた事があります。

「iphone5s契約で1万円のキャッシュバック!」と言うのを見て
契約に行ったら、1万円分のポイント還元だったというパターンも
あるようです。

自分がどのようなキャンペーンを求めているのか、
そのキャンペーンを利用すれば本当にお得になるのかを
見極める為にも、おいしい部分にだけ注目しすぎないように
しましょう!

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。